2004年04月01日

とあるフィクション-13(@w荒

ヲレは事故の現場に行って、
近くのコンビニに寄った。
ヲレは保険調査員だと言って、
事情を聞いた。
店長がたまたまその現場を見ていたのだ。
彼が119番通報をした。
だが、彼の母親は即死だった。
ヲレはほんの話のついでとばかりに、事故を起こした
車の車種を聞いた。
「青い●●●●だったなあ、車種は」
なんでそんなことを聞くんだとばかりに
店長はいぶかしげな顔をした。
ヲレはそれを聞いて、
「わかりました、調査にご協力ありがとうございました(@w荒
などと言って適当にその場を立ち去った(@w荒
posted by 東京kitty at 07:09| 東京 ☁| Comment(0) | とあるフィクション(@w荒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。